読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Connect Blog

宇宙 心 体 人 いろいろなものを[Connect]≒[つなげる]。

僕らはが、本当に欲しいのは「安心」なんだ。

僕はパートナーがいない。その欲求が強くある。このタイミングでパートナーがいるとういうことで「なに」を得られているかについて教えて貰ったことが凄く腑に落ちた。それは、社会的認知度をあげることでも、性的欲求を満たすことでも、暇を解消することでもない。ただ「安心」が欲しいのだ。

f:id:selfcare88:20170502232445j:plain

 

孤独が「不安」を生む

 

僕は独立して起業する時に散々言われたのが「一人だからイイよね(好きなことができるとういう意味)」「家族がいたらできないからうらやましい」などを言われた。

もちろん賛同できるところもあるけれども、それ以上に「不安」と戦うことになった。

僕はパートナーがいないために、一人で戦う選択をしていた。もちろん最終決断するときは自己責任を存在すると思う。その過程だったり、その後でも「腹を割って話せる」パートナーがいることはどれだけ精神的に「安心」を得られるのかと思った。

そのパートナーの形態としては、やはり「損得勘定がない」ことが求められる。「人の縁も金次第」とういう言葉があるように「お金」とういうものが絡むとなにかと「欲」が生まれ関係性がこじれると思う。

そういった意味での理想のパートナーは、「彼氏」「彼女」(家族)とういうパートナーかもしくは唯一無二の心友であると思われる。

 

「安心」とはただ傍にいてくれるだけでイイ存在

 

「安心」とはいてくれるだけでイイ存在だ。「見返り」を求めることではなく、ただ傍に寄り添っている感覚があればいい。

「安心」を体感するわかりやすい物として「お金」もある。お金は実際にはこの世の中のどこにでも存在しているが、支出が増えたり、自分で稼いで得る収入が少なくなって、手元から減っていくと突然に無くなる感覚に襲われる。

「支払いができない」「いつまでにお金を用意しないといけない」「給料が少ないから節約しないと」こんなふうにお金が「ない」とういう思い込みから「恐怖」と戦うことになっている。

これを言うと「それは屁理屈だ」と怒られてしまいそうだが、財布を持っている人は財布を覗いて欲しい。絶対に1円、5円、10円はあるはずだ。

「そんなことをいってるんじゃない。俺は明日までに携帯代金を支払わないといけないんだよ!」と怒られてしまいそうですが、それも「嘘」の思い込みにすぎない。

隣の人や友達、家族の財布には必ず「お金」とういうものは存在している。ただ、「今」自分の手元に必要なお金が存在していないとういうだけのことである。

この瞬間に「ない」とういう思い込みが表面化してきて、それが「恐怖」とういう感情に変わる。

 

不安とは「損失感」から生まれる

 

僕らは「恐怖」が出てくると「不安」になる。「不安」になるから「安心」が欲しくなる。すごく当たり前のことだ。だから、「安心」があると「幸福」も同時に訪れのかもしれない。

そう考えるなら、まず得るべきことは「安心」である。

その「安心」は「不安」と向き合っていくと生まれる。なぜなら、「不安」がないと「安心」が生まれない。だから、「不安」を経験することはある意味必要なことかもしれない。

「不安」とは「損失感」から生まれると思う。

「独りぼっちになったらどうしょう。」「お金がなくなったらどうしょう。」「会社がなくなったらどうしょう。」などを思考したときに「不安」が生まれる。乱暴な表現かもしれないが、これを体感して向き合えた時にはじめて「安心」が得られる。

そして、その「不安」が大きいものになっていけばいくほど「安心」も大きくなる。一見すると「不安」が拡大するから恐ろしいイメージを持たれるかもしれないが、そうではなく「ちょっとのことでは不安にならなくなる。」とういうことが起きる。

例えば、1万円が無くなるのに不安を感じた人がそれを「大丈夫」と思えたら次は2万円、5万円、10万円、100万円と数字もあがっていく。そのぶん「安心」も大きくなるとういうわけだ。

 

人間は「欲」があるから、「不安」も消えないと思う。しかし、本来は「今」は十分に満たされている状態であることを認識できたときに「本当の安心」が体感できると思う。そう、「今」この瞬間に「不安」があるわけではなく、これから訪れると思った「未来」が「不安」をつくる。だからこそ、まだ起きていない「未来」よりも「今」を大切にしていきたいと思う。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

広告を非表示にする