Connect Blog

宇宙 心 体 人 いろいろなものを[Connect]≒[つなげる]。

一人サンタクロース大作戦で起きた奇跡の話

お金は入れたら出す。出すとまた入るのは本当なのか

「お金って入ったら使わないと入らないよ。」

「使ったぶんだけちゃんと入ってくるから大丈夫。」

この言葉の意味はなんとなくわかっているつもりだったけど、体感できていなかった。

その状態でお金を使っても、使っても入らない!

「嘘つくんじゃねよ!使いまくってるのにぜんぜん入らない!」

叫んでも結果は変わらず貯金は底をつくというわかりやすい経験をした。

 

 

ずっと頭では理解できているけど行動が繋がらなかった僕は坂爪圭吾さんのお話会に参加したときに

「お花が大好きだ。そして、お花をプレゼントすることに喜びを感じる」

このような趣旨の言葉とそれと彼のblog記事を読んで衝撃を受けた。

ibaya.hatenablog.com

衝撃を受けた僕は同じことをやりたいとういう衝動に駆られた。

一人サンタクロース大作戦 

僕の誕生日はクリスマスイヴ。「やるならその日が面白い!」タイミングを合わせたように12月24日に広島市に行く予定があった。そこで、平和公園でバラを100本用意して1人に1本づつ贈ったらどうだろうか。」と考えた。

 

だが、「冬の時期で寒いし、果たして見知らぬ男からバラなんか貰ってくれるのだろうか?」と急に不安が襲ってきた。それでも、まだ自分の心の中で「花をプレゼントしたい」とういう思いが消えずにあった。

 

そこで、「花束を何個か用意して当日に僕が出会う人にあげたらどうだろうか?」そう考えた瞬間にイメージが沸いてワクワクする気持ちが出てきた。もちろん、断れる可能性だってある。怪しがられるかもしれない。喜んで受け取ってもらえる保証はどこにもない。だけども、それ以上に「花をプレゼントしたい。」という気持ちが勝っていた。

 

そして、当日、僕は花束を10個用意して予定の場所に行ったが最初に渡す機会がなく結局最後にプレゼントを渡すことになった。そして、その会が終わって意を決してプレゼントを渡した。もちろん全員はじめましての人達ばかりであったが、当然のようにビックリはされたが「ありがとう!」を言ってもらえた。

 

その言葉だけでも十分に嬉しかったのだが、ここで奇跡が起きた。その会の主催者から「今、ちょうど本を整理していたから良かったら貰ってくれませんか?」と言われた。さらに「その本は定価で売れますよ。使い道は任せます。」とのこと。この時点で本を売ると花束の2、3倍のお金を手に入れることができた。

 

ただ、その翌日に過疎が進む村で本屋がないから本屋をつくるとういう男性と会う予定があった。そのため、若干後ろ髪を惹かれる思いで、その貰った本と自分の本をまとめて翌日に手渡した。

 

そこでさらなる奇跡が起きた。実は前に「ipad」が欲しいとどこかで呟いたことを覚えていてくれてなんと本のお礼にとipadをプレゼントしてもらえた。そう、これこそ「出したら入る」ことが実感できた瞬間である。

 

損得勘定がない純粋な気持ちが奇跡を起こす。

今までは「出したら入るなら、よし出してやる。そしたら何かが得られるはず!」と損得勘定でどこかやっていることばかりだった。純粋に「花束を贈りたい」とういう気持ちよりも「花束を贈ったからお前もなにかちょうだい。」に気持ちが変わってしまっている。つまりは、「相手に要求してしまっている。」出すよりも入れるマインドになっているので「贈る行為」をしながらも実は「受け取る行為」をしてしまっている。だから、「出す」ではなく「入れる」ことになって、入れてばかりで回らなくなる。

 

花束を贈る相手がイメージできた。

最初は「バラを100本贈る」と勢いまかせに妄想したのだが、「寒い」「貰ってもらえるのか?」「残ったらどうしよう?」など「楽しさ」よりも「不安」が勝ってしまいイメージができなくなってしまった。そこから、もっと簡単にできるとこまで段階をさげる「僕と当日出会う人」だったら渡すきっかけもあるので「花束を贈るイメージ」ができた。それは自分がワクワクすることであり、結果として相手の喜びにつながった。

 

「楽しい気持ち」に従って行動する。

一番大切なのは純粋に「楽しい」から行動するである。僕もブッタや釈迦ではないので不安もでてくる。だけども、不安に目を向けると足がすくんで一歩踏み出せないことが多い。それよりも「楽しい」という気持ちを大切にして結果を待つことのほうが後悔がない。後になって後悔することは「やっとけば良かった。」が多いからだ。

 

最後に余談になるが花束を贈る行為は一般的には特別なときだったり、女性に贈ることが多い。だが、今回は男性にも贈ったところ非常に喜んで貰えた。そのことから、花には人を喜ぶ魔法の効果があると思えた。是非、自分の大切な人には花をプレゼントして欲しい。なぜなら、そこには喜びが生まれるから。

*そのときにプレゼントした男性の感想です。

life-art-tsubasa.hatenablog.com

世界20億人のトミーファンにお願いです。

f:id:selfcare88:20170314230637j:plain

世界にいる20億人のトミーファンの方々にお願いです!

僕に愛をください!

「僕はネパールに呼ばれたよ。16万円あったら行けるな。行きたいな!行きたいです!どうしても叶えたいんです!」

ネパールに健康施設を建てる予定のお手伝いをしに行きます。

今、あるご縁で頂けた話しです。そう、「今」を選択したのです。

もちろん、ネパールも満喫します!

ネパールに行きたい!

その「したい」に素直に行動したいです!

だから、今、できる行動をしてから考えます。

僕がネパールの情報を発信できたら愛の力で願望実現達成です。

僕が言っていることが証明されます。

みんなの愛をお願いします!

 

愛を送ってくれる方はこちらからメッセージをください。☜click

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

広告を非表示にする