読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Connect Blog

宇宙 心 体 人 いろいろなものを[Connect]≒[つなげる]。

本当の気持ちも言えない100人の仲間より本当の気持ちを言える1人の仲間といたい。

頭を使って喋ると相手に伝わらない

 

人に思いを伝えるときにどうしても「うまく」伝えようとするときがある。頭の中でシュミレーションして相手になるべくわかりやすく伝えようと一生懸命に思考を巡らせる。

そして、最初にでる言葉が「目的」ではなく「理論」から入ってしまう。

それを聞いている側は「それで、なにが言いたいの?」となってしまう。

つまりは、相手に「うまいこと」伝えようとすればするほど実は気持ちが入らずに伝わってしまうことが多い。

 

頭を使うと気持ちがなくなる

 

頭でシュミレーションしてうまく伝えようとするけど、うまく伝わらない場合は「本気」ではないと思う。

それは、ただ相手に「わかって欲しい」とういうことだけだ。だから、なんとか相手に気持ちを伝えようと理論から入って論破しようとする。

聞いている側からすると気持ちがないものを聞くことは苦痛でしかない。それをだらだらと喋られると時間をとられるわけだから余計に厄介でしかない。

 

本当の気持ちは感情が先にでる

 

「本当の気持ち」のときは感情が先にでてしまって、うまく伝わらないことがある。それは、自然を見てその美しさにただただ呆然と立ちつくしてしまうようなことがそれにあたる。そして、その時は「うわー」「すげー」「マジか」みたいに口からつい出てしまったというような言葉が出てしまうと思う。その後から、「綺麗」「美しい」「雄大」とかそれを表すような言葉が続くと思う。

それは、頭で考えているのではなく感じたままのことが口から出ているだけである。

 

うまく伝えようとするのは傷つきたくないだけ

 

うまく伝えようとする裏にはきっと「恥をかきたくない」「これを言ったら嫌われないだろうかとういう不安」などがあるはずだ。

それがあるから頭のなかでシュミレーションをおこなってしまう。それがうまく出せるなら問題ないが多くの方は言葉に詰まったり、黙ってしまうことが多いと思う。それは、結果として「なに」が伝えたいのかわからなくなる。

そればかりか、うまく伝えようとすることで、他人の言葉を借りて使おうとするから、自分の言葉でなくなってしまうことがある。自分の言葉でないなら、嘘をついているのと同じことになってしまう。

 

f:id:selfcare88:20170427213846j:plain

 

本当の気持ちも言えない100人の仲間より本当の気持ちを言える1人の仲間といたい。

 

誰もが人から「傷つきたくない」「嫌われたくない」「愛されたい」と思っている。だから、みんな良い子を演じる。

だけども、自分の気持ちも言えないような人と友達であったり、仲間と付き合っていく必要があるかを考えるべきだ。

これを言うとほとんどの人が「自分の気持ちを言える仲間がイイ。」と言う。しかし、実際に行動を移そうとすると足が竦んでしまって行動がとれなくなる。

それでも、「本当の気持ち」に従って行動して欲しい。100人に愛されなくてもイイ。一人でもイイ。一人でも、本当の気持ちで言い合いができる仲間がいることがどれだけ幸せなのか。その一人を大切にできるなら、僕は後から仲間はできると信じている。

それは、本当の気持ちの意識が周りに伝わっていくからそれに共鳴する人は必ずいる。

だからこそ、相手にうまく伝えようとすることではなく、「言葉にならないかもしれない」「伝わりにくいかもしれない」それでも何度も何度も本当の気持ちを相手にぶつけることが大切だと思う。

 

僕をフリー素材として活用して貰いたい。

 

現在、僕はフリー素材として活用してもらっています。blogを読んでなんとなくでも、おもしろいと思ったらフリートミーを活用してください。めっちゃ喜んで行きますよ!

お問い合わせclick☜

最後まで読んで頂きありがとうございます。