読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Connect Blog

宇宙 心 体 人 いろいろなものを[Connect]≒[つなげる]。

自分マニュアル≒固定概念に縛られた自分

前回の続きのような記事になるが、「マニュアル対応からみた縛られた過去の自分」が見えたのでそれについて書きたいと思う。

 

selfcare88.hatenablog.com

 

僕がチケット購入をミスしたため、再度購入が必要になったときである。

「本日は座席が30席空いているので差額を支払って頂けるとチケットを購入できます。」

最初の対応で30席も席が空いていた。僕も全額である34800円を支払うと言っている。だが、お金を下してもう一度手続きをしたところをキャンセル料7000円を要求された。もちろん、僕は納得いかないため、最初の対応でお願いをしたが無駄に終わった。

 

相手の主張は「当社の規定によりできません。」だ。確かに僕だけを特別扱いするのはよくないことかもしれないが、今回のケースだと30席もの空席があるのにも「マニュアル」対応によって、みすみす損失をそのままにしてしまったことになる。

 

僕の主張は、「全額を負担します。」と伝えているわけで、相手側にしてみると30席の空席のままならその分だけ利益がないのは当たり前で、そのうち1席でも購入して貰えたらその分利益が生まれるのだから乗せたのがよくないですか?とういうものだ。(もし、人一人乗ると燃料代がその2倍以上になるなら、ごめんない!)

 

多くの方はただのクレーマーに見えてしまうでしょう。僕はクレームを言いたいわけでもなく、ただ、単純に「もったいなくねぇ?」って問たかったんです。

 

今回のケースのように日常でも「自分のマニュアル」≒「固定概念」に縛られて融通が利かなくて後悔してしまうこともしばしばある。それが、「こうしなきゃ」「こうあるべきだ」とういう言葉にある。

 

自分マニュアル≒固定概念に縛られた過去の自分

 

思考がガチガチだったころの自分も使っていた。その時を思い出すと相手の意見を受け入れる隙がなかった。いや、相手を受け付けないように外を固めてガードしまっくていた。自分に自信がなかったから、相手から求められると怖くてしょうがなかった。だから、愚直に自分が子どものころに教育された世界が全てだと信じてそれを守りぬいてきた。

それを信じるのが安全だし楽だったから。結局は、そこから動くのがただ怖かっただけ。そこから出ないように、そしてその安全の領域に誰も侵入させないように壁を作っていた。

 

そこにあるのは狭い世界であって、外界から閉ざした世界であるから、可能性なんてないにも等しい。世の中には「チャンス」とういうのはいつなんどきで現れるかわからないのにそれさえも無視していた。そう、自分を信じてないばかりに「無限の可能性」を棒に振っていた。

 

今、考えると本当にもったいないと思う。だからこそ、まずは自信をもちたい。

自信は「自分を信じる」と書く。

そう、まずは自分を信じよう。かっこわるくても、おっちょこちょいでも、勉強できなくても、それでも僕は笑うことも、泣くことも、叫ぶこともできる。

その一部なネガティブな部分に目をむけるのではなく、それも自分の一部と受け止めてあげたい。それ以外に必ず「あなたしかないもの」があるのだから。

 

そして、自分に自信を持って勇気をだして壁を壊して外の世界と交わっていこう。そこには「無限の可能性」があるのだから。

 

最後に、ご案内だよ。僕を活用したらおもしろいよ。

現在、僕はフリー素材として活用してもらっています。blogを読んでなんとなくおもしろいと思ったらフリートミーを活用してください。

お問い合わせclick☜

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

広告を非表示にする