読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Connect Blog

宇宙 心 体 人 いろいろなものを[Connect]≒[つなげる]。

言い訳して制限をもうけるくらいなら、「できること」からさっさと行動しろ

「自分の世界を知りたい」「自分の世界を広げたい」今の自分と性格や価値観が真逆の人や今まで遊んだり話したりしたことがない人と会うことをするべきだ。

 

なぜならば、人は無意識に同じ人と一緒にいるようになっているからだ。

 

f:id:selfcare88:20170401172009j:image

 

 

結局は似た者同士が集まる

 

僕はつい先日まで「田舎フリーランス養成講座」に参加していた。主として手に入れる技術はwebになるのだが、実は僕は大の苦手分野で今まで避けていた。その分野で活躍している人との縁はほとんどなかった。

 

僕から見れば全くの未開の地であり、そこに集まる人もはじめましての人ばかりである。

 

最初は慣れない作業に追われたりコミニュケーションがとれずにいたため、素性も掴めなかった。

 

それが日が進むにつれてコミニュケーションがとれてくると、「一歩踏み出すためにやってきた。」「過去の見せたくない経験がある。」「自己表現ができなくて悩んでいる」など共通するキーワードがたくさんあることに気づいた。

 

もちろん、「講座」に参加することは「web」「田舎」「フリーランス」とういうキーワードに興味あるものが集まるのはわかる。だが、それ以外の「気持ち」の部分で同じ共感性が得られたのことは驚きであった。「僕も自信がなくて、一歩踏み出すためにきました。」「え?それ私も同じですけど・・・」この連続が起きて共感しあえた。

 

体感してイメージを具体化することは最短で願望実現を引き起こす

 

人は「安定」を求めるものであるから、無意識に同じ場所に留まろうとする。それは生物としての本能からも説明がつくからある意味仕方のないことかもしれない。ただ、それではなにも行動していないため、自分が望む世界はやってこない。

 

人は体感してイメージすることが最短で自分の願望を叶えることになると思う。なぜなら、無意識にそういった人を求めるようになると自分自身もそれに合わせるようになるからだ。

 

例えば「農業したい」と言ってるのに、実際に土も触ったことがないとか畑すら見たことがなかったら「想像」が全くつかない。思考と行動がちぐはぐになっているから現実化しないことになる。それよりも、自分から「農業」をしている人に会いにいくなどそのコミニュティーに勇気をもって飛び込むことで自分の意識が変化して行動もそれに合ったものに変わる。

 

五感全てで体感しろ!!

 

最近では、直接会わなくても「映像」とういう手段もある。しかし、実際に自分が叶えたい夢があるなら理想像の人を見つけて実際に会うべきだ。その人の行動様式はもちろん匂い、色、話し方など五感全てで感じることでよりイメージを具体化させて模擬行為をしていくと少しづつだが変わっていくことが体感できる。

 

だから、「お金持ち」になりたいとみんないっているが、「お金を持っている」だけでは意味がまったくない。それに「お金持ちになりたい。」と言っている人と一緒にいるよりも「自分が手にいれたい収入がある人」とコミニュケーションをとることで具体的なイメージと行動ができるようになる。あとは、自分と向き合って「行動」するのみである。

 

言い訳して制限をもうけるくらいなら、「できること」からさっさと行動しろ

 

「そうは言ってもそんな人に会うのは難しい」と言う言葉もよく聞かれる。その時点で自分に制限を設けているわけだから、「自分には無理だ」と言っているのと同じこと。だから、「今」の生活が現実として現れる。

 

本気で望むことなら「行動」ができるものである。それでも、最初のハードルが高くて飛び越えれないのならハードルを下げて飛び越えられる高さから飛び越えたらいい。とにかく、言い訳を言う前に自分の気持ちに正直に行動するべきだ。

 

最後に自分自身の経験から、何十万とする講座の人も正直に自分の気持ちを話すると案外優しく対応してくれる。あまりにも簡単で「い、いいんですか?!ありがとうございます!」となることもしばしばあった。それでも、会えなかったらそれはその時。タイミングではなかっただけのことである。

 

僕はこれからも「恐れず」に年齢、性別、職業、国籍を問わずいろいろな人とコミニュケーションをとっていく。そうすることで多様な生き方を見に付けていこうと思う。もし、共感してくれる人がいるならともに「恐れず」に行動して欲しい。そうすれば、きっと可能性が拡がるから。

 

一人で悩む前にメッセージください。ともに歩んでいきましょう。

メッセージはこちらからどうぞ! ☜click

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。