読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Connect Blog

宇宙 心 体 人 いろいろなものを[Connect]≒[つなげる]。

働き盛りの30代に「できない」があるのに、幸せに生きているのなぜか。

働き盛りの年なはずなのにできないことがどんどん増えているトミーです。

 

ダーウィンもびっくり!進化論を根本から覆してます(笑)

 

具体的にどんなことができないことなのか30秒で書き出してみます。

 

よーーーーーいスタート!

 

・遅くたべることができません、基本早食い。

・じっとすること(一つの場所にとどまること。)

・早く走ることができません。

・電気科卒業したのに電気のこと全くわかりません。

・細かい作業無理。イライラして発狂します。

・web関係ができそうに見られて弱い。1週間しても作業が進みません。

・数字の管理。レシート見ると破りたくなります。

・場の空気を読むのが下手。KYバンザイ。

・連絡は直前まで忘れることが多々あります。ごめん。

・日本語の使い方がよくわかりません。二ホンノミナサンアリガトウゴザイマス。

・外国語もわかりません。全力のジェスチャーでコミニュケーション

・音楽の才能どころかタンギングできなくて居残りさせられました。それトラウマです。

・ダンス踊れません。リズム感なさすぎて笑える。

・継続することが苦手。THE三日坊主

・辛いの苦手です。できるならカレーの王子さま

・血をみることができません。飼い犬の肉球に刺さる押しピンさえとれません、ごめん

・圧力がハンパない人とは距離をおきます。

・夜12時以降になったら起きているのが苦になります。朝は強いよ。

ソフトボール大会では結構三振します。

・どこかにでかけるときに1個は必ず忘れもがあります。

・寒いとこが苦手。冬は南国にGO

 

終わりーーーーーーーってことで、こんなにも沢山できないこと・苦手なことが出てきました。

 

「へっ?どうした」って感じでしょう。僕もそう思います。

 

でも!人からみたら大したことのない「できないこと」に苦しんでる人は多いのではないでしょうか。

 

だけども、そんなにも「できない・苦手」があっても生きています。

ご飯食べています。遊んでいます。ふざけてます。

 

f:id:selfcare88:20170314230637j:image

 

 

 だって、その「できないこと」を「できる人が」してくれるからね。

しかも!「できる人は」それを楽しんでします。

「できない人は」それを「手放す」ことで楽しくなります。

まさに、WIN!WIN!イエィ!

 

それがなぜ「WIN!WIN!」になるかをさっきの僕の「できない・苦手」リストから説明すると

 

・じっとできない(一つの場所にとどまること。)DAKARA 移動しちゃうよね。車、船、飛行機、電車などの移動手段が必要。それを持っている人はそれを使われることで、その人喜ぶね。

・電気科卒業したのに電気のこと全くわかりません。 DAKARA 電気屋さんが必要になるよね、その人喜ばれるよね。

 

・細かい作業無理。イライラして発狂します。DKARA 細かい作業が得意な人が必要になるよね、その人喜ぶよね。

 

・web関係ができそうに見られて弱い。1週間しても作業が進みません。DAKARA web関係の必要だよね、その人喜ぶよね。

 

・数字の管理。レシート見ると破りたくなります。DAKARA 事務作業が得意な人が必要になるよね、その人喜ぶよね。

 

 

こんなふうに「できない」を補ってくれる人が必ずいます。

「できない」も「できる」もどちらも必要です。

どちらが欠けても成り立たない。

 

じゃなぜ?「できない」ことを手放すことができないのか。

 

selfcare88.hatenablog.com

 

過去の僕が見た世界は「一人でやらなきゃダメ。」「一人で頑張らなきゃダメ。」「人に迷惑かけちゃダメ。」この思い込みのなか生きてきた。

 

だから、人に頼ることも、頼みかたも知らなかった。

その思い込みの世界では、周りの目が気になり「怒られる」「馬鹿にされる。」「笑われる」っていう、「怖さ」「恐れ」しかなかったから。

 

そんなのは全部ウソ!自分が勝手に決めた思い込みだよ。

 

そんなのに騙されて疲弊するよりも、さっさっと諦めて「できないこと」を手放す。

 

そして、自分が持っている「できる」をしてみたらイイ。

 

そうしたら、みんなが楽しくなる!

 

DAKARAみんなで僕を助けてね^_^

 

そう、このblogも書き方がわからないからそろそろ「できない」を「手放して」終わります!

 

最後までお付き合いありがとうございます!

 

「手放しかた」がわからないかたは気軽にメッセージください。