読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Connect Blog

宇宙 心 体 人 いろいろなものを[Connect]≒[つなげる]。

身体を壊して体験した「大事なのはお金よりも人だってこと」

僕はサラリーマン時代に2つの会社に勤めました。そのときに「大事なのはお金よりも人だってこと」を体験した。

f:id:selfcare88:20170408192547j:plain

 

続きを読む

思考を止めるためにyogaを勧める3つの理由

 思考は無駄なエネルギーを使っている。

 脳は体重の2%ほどの重さしかないにも関わらず、身体の消費する全エネルギーの20%も消費する「大食漢」です。

脳が消費するエネルギーの大半(60~80%)はデフォルト・モード・ネットワーク(DMN)という脳の回路で使われます。

このDMNは脳が意識的な活動をしていないときに働くベースラインの活動です。

意識して何かをしていない時にも活動している自動車のアイドリング状態をイメージしていただくとわかりやすいです。

 

まとめると何もしていなくても脳はエネルギーを消費していることになります。

 

「脳」はタダでさえ働き続けているのに、「あれがダメ」「これならイイ」などとジャッジしたり、「褒められたい」「安心したい」「良く見られたい」「心配になる」など感情に支配され無駄に思考を巡らせると余計なストレスが「脳」を消費させます。 

 

マインドフルネスってなに?瞑想ってなに?

 

マインドフルネス(: mindfulness)は、今現在において起こっている内面的な経験および外的な経験に注意を向ける心理的な過程である 。瞑想およびその他の訓練を通じて開発することができる 。

マインドフルネスの語義として、今この瞬間の自分の体験に注意を向けて、現実をあるがままに受け入れることであるとか、特別な形で、意図的に、評価や判断とは無縁に、注意を払うことであるといった説明がなされることもある。

Wikipedia

 

瞑想(めいそう、英:Meditation)とは、心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことである。この呼称は、単に心身の静寂を取り戻すために行うような比較的日常的なものから、絶対者(神)をありありと体感したり、究極の智慧を得るようなものまで、広い範囲に用いられる

Wikipedia

 

まとめると、

「今の状態のまんま。体感したまんまを受け入れるために、ジャッジをやめましょう。そのために心を静めてみましょう。」

そのための方法が「瞑想」だと思います。

 

思考を止めるためにyogaを勧める3つの理由

 

瞑想をしようとしても、止まらないのが「思考」です。体が疲労すると「疲れた」と思ったり、痛みに支配されたしてなかなか集中できないと思います。

 

「瞑想は心を静めるものであるなら「思考」を止めてしまえばイイのでは?」と思った。そこで、「思考」をとめるなら「yoga」をお薦めします。その理由は3つあります。

 

1適度な負荷がかかるため思考が一時的にとまる。

柔軟性が乏しいときは「伸ばされている意識」が強かったり、慣れない姿勢をとることにより意識が体に向いて思考が一時的にとまります。

 

2姿勢がよくなる。

「yoga」≒「ストレッチ」のイメージがありますが、それはyogaの一部分です。ただし、お手軽であったり、はじめやすくとういう意味では「ストレッチ」としてはじめるのもいいと思います。それを続けることで単純に筋肉の柔軟性が増したり、歪みが改善して姿勢が整ってきます。ちなみに僕はO脚が改善しました。

 

3健康になる。

姿勢がよくなると血流が改善したり、呼吸が楽にできるようになります。その他にも自律神経が整ったりと「健康」になる効果があります。

 

大事なことは思考を止めることです。それは「自然の流れに身を委ねる」ことになります。感情に支配されて、勇気が出せなかったり、行動が遅れることで「タイミング」を逃すことになります。「ベストなタイミング」に出会うためにも「思考」を止めるべきだと思います。

 

そのために「yoga」を紹介しました。ただし、一時的なものではなく習慣化することで効果が高まると思います。「姿勢が整う」「健康になる」そして「思考を止める」yogaを毎日5分取り入れていこうと思ういます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

「肩書」をなくした「自分自身」になったときに本当の「自由」がある。

フリーランスって、本当に「自由」なのか?

f:id:selfcare88:20170404212707j:plain

 

フリーランスの起源

英語「freelance」の由来は、中世にまで遡る。
その時代、王さまや貴族は戦争の度に傭兵と契約して戦争に臨んだのだという。
傭兵はグループごとに分かれて行動していた。
槍騎兵 (lancer) が自分の従卒として歩兵や弓兵を連れている形が多かったらしい。
そのため契約の際には槍の本数=1戦闘単位としてカウントされたのだ。
そのような契約形態から、敵勢力と契約を交わしていない(free 自由)戦闘単位 (lance 槍) を指す言葉として「freelance」が生まれたのだ。
近世以降フリーランスは、組織を離れて働く状態を指す言葉に変化する 

なるほど。

「敵勢力と契約を交わしていない(free 自由)戦闘単位 (lance 槍) を指す言葉として「freelance」が生まれた。」

とういうことは「誰か(味方)」と契約を結んでいることになるね。

 

(現在の)フリーランスの意味 

 フリーランス(英: freelance)は、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。 略してフリーと呼ばれる。 企業から請け負った業務を実際に遂行する本人をフリーランサーと呼ぶ。

 なるほど。

企業から請け負った業務を実際に遂行する」

とういうことは個人で契約して仕事をしているんだね。

 

うん?個人で契約しているって、全然「フリー」≒「自由」じゃない!

なにかしらの「契約」を得て個人で行動しているならそれを本当に「自由」っていえるのか。「契約」がある以上なにかしらの「制限」が生まれると思う。

 

本当の自由は「お金」「時間」「場所」「人」から開放された状態ではないのか?

続きを読む

「目標を達成するために、〇〇を我慢して頑張る!」のクソみたいな考えはいらない!

努力は必要。我慢は不必要。

 

「外」からみると「毎日、一生懸命仕事してんな。」と思うことも、「内」≒「本人」が「好きなこと」しているならそれは「努力」ではなく「遊び」になると思う。

 

だけれども、「内」≒「本人」が「好き」も「嫌い」もなく「やっている。」「こなしている。」「やらされている。」ような「我慢」をして必死にやっているときは「根性があっての努力」になる。

 

この「根性があっての努力」は「楽しさ」を感じれないため、継続が難しい。続ければ続けるほど「目的」を見失ってしまいがちになる。そして、時には「私はこんなにも努力したのに、なぜ報われないの?」と自暴自棄になってしまう。

 

「根性あっての努力」は「目的」がないことをやるからおこることである。もし、今、目的が見つからない人は遊んで欲しい。「時間」「場所」「お金」の制限をできるだけ取り外して「できる遊び」からやっていくと自分のなかに「あっ、これって好きかも」がでてくる。その「かも」をゆっくりと突き詰めていくと自分のなかに「目的」が生まれてくると思う。

f:id:selfcare88:20170403134522j:plain

 

続きを読む

全世界に向けて「フリー素材≒フリートミー」として活用してもらいます。

フリー素材として自分を活用してもらう。

恐れずに言ってしまうと、僕は人に教わったことは「ある程度」なんでもできる。もちろん、時間や完成度はバラつきはあるけれどもなんでもこなしてしまう。なにより、健康で頑丈な体が一番のセールスポイントである。

 

また、野宿やドミトリーで寝食を過ごした経験もあるからどこでも生きていける感覚がある。そして、旅好きだ。これだけ条件が揃ったら「僕を全国に運んで欲しい」と思うことは自然だった。しかし、「運ばれる」のもいいが「誰かの役に立ちたい」と思い「できる」ことを「したい」から「僕を日本、世界でフリー素材として活用してもらう」をはじめてみた。 

続きを読む

言い訳して制限をもうけるくらいなら、「できること」からさっさと行動しろ

「自分の世界を知りたい」「自分の世界を広げたい」今の自分と性格や価値観が真逆の人や今まで遊んだり話したりしたことがない人と会うことをするべきだ。

 

なぜならば、人は無意識に同じ人と一緒にいるようになっているからだ。

 

f:id:selfcare88:20170401172009j:image

続きを読む

仲間がいるからできることも増える。仲間がいるから楽しさも増える。仲間を守りたいと思うから行動ができる。

一人は気楽だけど、仲間がいるからできることも増える。仲間がいるから楽しさも増える。仲間を守りたいと思うから行動ができる。だから、仲間を本気で作りたい。それに最近気づいた携帯がなることが珍しいトミーです。

 

f:id:selfcare88:20170331171753j:plain

続きを読む